WOMEN HAIR ウーマンヘア:いつまでも若々しい女性を応援するポータルサイト
東京ビューティークリニック

青森の薄毛治療クリニックランキング

1位

東京美容外科 青森院

遠方からのアクセスも抜群の青森駅から徒歩1分の場所にあり、提携駐車場も備えてあるという通いやすさがうれしい美容外科です。薄毛対策、育毛にはオリジナルのメソセラピーや発毛薬、植毛法などを手がけており、抜け毛の段階やそれぞれの症状に応じた適切な治療を行います。ちょっと気になるという人からきちんと治したい人まで、安心と実感が得られます。

このサイトを見る:東京美容外科 青森院

青森市新町1丁目3-7 2階

このサイトを見る:東京美容外科 青森院
2位

東京青山クリニック 青森院

JR東北本線青森駅から歩いて3分の明るい駅前大通りに佇む小奇麗なビルに入っており、落ち着いた佇まいがほっとできるクリニックです。その雰囲気の良さと相談に十分時間をとるビューティーカウンセリングで、信頼と納得を大切にしています。ひとりひとりに合った適切な施術方法を選び、高水準の技術と数多くの手術の実績を持ったドクターによって負担は少なく、満足いく治療を行います。

青森市新町1-13-7 和田ビル4階

このサイトを見る:東京青山クリニック 青森院
3位

はらクリニック

住所のとおり、駅前数分の立地でアクセスもよく、診療科目も美容外科から一般皮膚科などとさまざまな悩みに答えられます。美容外科の可能性に熱く思いを馳せるドクターに寄せられる信頼は厚く、安心して治療に専念できそうです。

弘前市駅前3-3-7 3F

このサイトを見る:はらクリニック
4位

こがクリニック

ショッピングタウンサンロードの4階クリニックセンターにあり、駐車場もあるため自動車での来院も安心です。温かいイメージのクリニック内は入る人をほっとさせます。ショッピングセンター内のため、買い物帰りに立ち寄ったり、通院帰りにショッピングやお食事を楽しんだりすることができるため、気負わずに通えそうです。

青森市緑3-9-2 サンロード青森クリニックセンター

このサイトを見る:こがクリニック

みんなの薄毛体験談

  • つむじ周りの薄毛に悩んでいます

    私が薄毛に悩むようになったのは、40代に入った頃でした。ふと鏡で後ろ姿を見た時に、つむじが目立ってまるでハゲているかのように見えました。とりあえず韓国製の漢方を使ったシャンプーに変えてみました。するとつむじが目立たなくなったような気がして効果があったと思いましたが気のせいでした。通販で韓国から購入していたのでそのうち面倒になり、ドラッグストアで買える年齢にあったシャンプーを使うようになりました。フワッとボリュームが出る感じはありますが、時間が経つとつむじ部分が割れてきてしまいます。1000円以内で買える育毛剤も試しましたが、匂いが強かったので一本使ってやめてしまいました。ネットで色々と調べ、口コミの良い3000円位の育毛剤を使いました。元は倍近い値段の物で、有名メーカーの育毛剤だったので期待したのですが、効果は感じられませんでした。3000円でも私にとっては高かったので、1本使ってやめてしまったので、もう少し続けてみたら効果があったかもしれませんが分かりません。元々髪の量が多かったので、シャンプーで髪がゴッソリ抜けても少なくなって丁度いい位の気持ちでしたが、最近はゾッとします。今はシャンプー前に髪をとかして、洗いとすすぎと乾かす時は優しくするようにしています。髪は細くなりましたが量はまだあるほうだと思います。ただつむじ周りが年々目立ってきて、特に前から見えず鏡で確認出来ないので、外出時もつむじ周りの髪を何度もかき上げてボリュームを出したり気が気じゃありません。女性ホルモンの減少も影響していると思うので、イソフラボンが含まれている豆乳を飲んだり、美容も兼ねてコラーゲンサプリを飲んだりしていますが、もっと効果があって根本的に解決出来る、お財布に優しい方法がないかと、日々情報を探しています。

  • 額の生え際、両脇のあたりが薄いのが気になる

    私は全体的に髪は多すぎるほどなので、気にはしていなかったのですが、美容院でサイドの髪が薄いと言われて気になってきました。 確かに薄いのですが、他が多いので別にいいと思うんですけどね。 その美容師さんは男性だったのですが、ベリーショートで短い方がいいのに、首筋の生え際の生え方も変なので長目にして隠して置きますなどと言われてなんか色々と気になり出しました。 額の生え際も薄いのは昔からなのですが、子供の頃におさげを姉に結んでもらうときに、ぎゅっときつめに髪を引っ張ってもらったからかなとか思い出しました。 ずっと子供の頃から前髪をおろして隠してはいますが、よく見れば薄い生え際の髪は産毛みたいな柔らかい細い毛ばかりで、今後年をとったら薄毛がもっと進行するのかなと思うとちょっと悲しいです。 そうこうするうちに、白髪を抜いた後のつむじのところが少し間があいている(禿というほどではないけど)のも気になるし、太くてごわついていたはずが髪にコシがなくなったようなのも気になるんですよね。 ちょっと言われただけなのか、薄毛改善の対策を練るべきなのか、美容院を変えるべきなのか悩んでいます。

  • ホルモンバランスの影響?

    病院に罹っていて、処方された薬の服用をはじめてから、ホルモンバランスが崩れてしまい、更年期障害的な症状が出始めた頃から、洗髪後の抜け毛が酷くなりました。自分では、まっ、この位なら大丈夫でしょって思っていましたが、娘が、「母さん、何それどうしたの?後ろ頭の地肌、見えてるじゃん!」というので、何を大袈裟に言うのか大したことはないだろうと、合わせ鏡をして見てみました。すると、時期的には白髪染めをする頃でしたので、生え際は少し白く髪が薄い。この娘の一言で気になり始めました。そこで、どこに行ったらいいのか分からず、主治医に相談してみました。やはり、この女性ホルモンを下げる薬の影響でエストロゲンが低下し、抜け毛が起きているのではないかと言われました。かといって薬の服用は辞める事はできないので、CMでお馴染みの「柑気桜」を試してみる事にしました。きっかけは、自然由来の成分でありお試し価格でかなり安価だったのが主な理由の一つです。使用感は柑橘系の成分なので香りが爽やかでべたついていた髪質も、ハリやコシがでてきて一本一本が生き生きしている様な気がします。髪全体のボリュームも出てきたのでこの育毛剤に期待しているので、もう一本購入しようかと考えています。

  • 子どもを産んだら薄毛に

    子どもが産まれて3ヶ月くらいした時に、お風呂に入ると排水溝に髪の毛が溜まり、詰まってしまいそうになったり、髪の毛をとかすだけで大量の抜け毛がブラシや絨毯に落ちていて、産後髪の毛が抜けるとは聞いてましたが、こんなに抜けるのかとショックでした。髪の毛の量が元々多い私でも、見た目で抜けて少なくなってるのがわかりました。きっと、授乳して子どもに栄養が取られてるんだなと思い、今までは育児で時間もあまりなかったので、朝はパンでお昼はレトルトのパスタやカレーを食べていたので、朝はパンと玉子焼きや目玉焼きにして、お昼は夕飯の残りのおかずをお弁当に詰めて、お昼御飯にしました。夕飯はいつも通りしっかり食べるようにして、わかめやひじきなど髪の毛に良さそうなものを取り入れました。また、お風呂に入った時に頭皮の血流が良くなるようにマッサージをして、美容院でもヘッドスパや炭酸シャンプーをしてもらいました。それでダメだったら育毛剤を考えようかなと思っていましたが、私の場合はこの方法で1~2 ヶ月後には抜け毛の量が減って毛量も戻ってきました。

  • 薄毛は自力で治せることもある!

    私は生まれつき毛量が多かったのですが、数年前を境に気が付かなかったほど徐々に毛量が少なくなっていきました。 当時食品工場で勤めていたため毎日髪を結び、ネットを被った上に帽子というスタイルだったので毎日なんとなく適当に髪を結び、帽子を被るという生活をしていたため自分の頭部の毛量が少なくなり、薄毛になっているということに中々気が付かず、ある日上から写真を撮られることがありました。 その写真を見てみると頭部のつむじ辺りの毛が非常に薄く、分け目がくっきりと見えていました。 当時20歳前後だった私は「これではダメだ!」と思いネット上で色々と薄毛についての記事を読み漁りました。 ですがほとんどの記事に「病院へ行くべき」「病院での○○治療がおすすめ!」といったものでした。 薄毛に悩んでいたものの、病院へ行く勇気もなく高額なお金も払うことができないためお金をかけず自力でどうにかしたかった私はいくつもの記事にも書かれていた“生活習慣“を見直してみることにしました。 私が薄毛改善に行った方法は規則正しい生活、睡眠時間、食事です。 交代制の工場勤務ということもあって規則正しい生活を毎日するのは難しかったですが、極力規則正しい生活を心がけて行うようにしました。 そして睡眠時間は夜の9時~0時までには寝るという自分ルールを作り、食事は毎日ある程度決まった時間に食事を摂るということをしました。 その結果、完治までとはいきませんでしたがくっきりとしてしまった分け目は「なんとなく分け目が見える」と思える程度にまで改善されてきました。 効果を実感し、髪の毛もやはり生活習慣が大切なんだということを改めて実感しました。

本州の最北端にあり、かつては青函連絡船、また現在では青函トンネルで北海道との行き来が盛んに行われている交通の要所です。関東や関西からは航空の便は豊富にあるものの、旅のイメージを大切にしたい老若男女によって自動車や列車での交通も廃れることを知りません。もちろん、青森県独自の文化、祭り、観光スポットも多く、雪深く寒さの厳しい土地ながら、訪れる人が後を絶たない観光地でもあります。三内丸山遺跡やねぶた祭は訪れたことのない人でも一度は耳にしたことがあるほど有名です。青森湾沿いを中心にして市街地が広がり、雲谷峠から見下ろす景色は絶景です。
りんごの産地としてのイメージが強くありますが、観光スポットや史跡、文化施設などが多く、第三次産業が盛んです。国の重要無形民俗文化財にも指定されているねぶた祭には毎年のべ300万人以上の人が訪れるといいます。